こまめに病院に行こう

厚生労働省で、禁煙外来に行くペースが決められています。 本気で禁煙を成功させたいなら、そのペースを守ってください。 せっかく治療を続けていたのに、急に病院へ行くペースが遅くなると治療の効果が小さくなったり、発揮できなくなったりするので気を付けましょう。

高い成功率を誇っている

多くの人が、禁煙外来を利用しています。 その理由は成功率が60パーセントから80パーセントと、かなり高い数値を出しているからです。 また条件に一致すれば、費用もそこまで掛かりません。 禁煙したいけれど自分で達成する自信がない人は、遠慮しないで禁煙外来を訪れてください。

医師の力を借りよう

なぜ、禁煙外来というものができたのでしょうか。
それは、タバコに依存している人は自分の意思でやめることが非常に難しいからです。
治療の費用を気にしている人が見られますが、2006年に禁煙治療をする時は保険を適応できるようになりました。
医師は禁煙の正しい方法や、タバコに含まれるニコチンの怖さを熟知しています。
独自の方法で禁煙するよりも簡単ですし、無理のないペースで進められるので禁煙外来を活用してください。

禁煙外来は、厚生労働省で12週間に5回外来に行かなければいけないと決められています。
なぜこのように具体的に決められているのかというと、前回外来に行ってから間隔が空きすぎると、効果が失われるからです。
また最初から治療を始めなければいけないので、無駄な時間と費用が発生します。
そのため忙しい人でも、禁煙外来に通っている場合は時間を見つけて訪れてください。

禁煙外来で、禁煙の成功率は60パーセントから80パーセントだと言われています。
自力で禁煙する場合の成功率は10パーセントとかなり低いので、禁煙外来の効果の大きさがよくわかる数値ですね。
また禁煙外来の治療費は、保険を適応して1万円から2万円前後になります。
ただ保険を適応させるためには、条件に該当しなければいけないので、事前に自分があてはまるのか調べてください。
ニコチン依存症だと判断された人や、今すぐに禁煙したいという意思を持っている人は条件に該当します。

無理しないで禁煙する

自力で禁煙するのはかなり難しく、失敗してしまう人がほとんどでしょう。 しかしタバコを吸うと身体に様々なダメージを与えるので、できるだけ早い段階で禁煙した方が良いです。 そこで無理なく禁煙するために、禁煙外来を受診してください。 医師と一緒に、禁煙に臨みましょう。