無理しないで禁煙する

依存症になっている人

タバコをやめられなくなる原因は、ニコチンという成分が原因です。
これには依存性があるので、タバコを吸いすぎるとニコチン中毒に陥ってしまいます。
するとやめたくても自分の意思でやめられなくなるので、医師の力を借りてください。
今は禁煙したい人をサポートするために、病院に禁煙外来という場所が誕生しています。

そこで、まずは話だけでも聞きましょう。
すると医師は、タバコを吸うことでこれから発症する可能性がある病気や、周囲にどのくらいの悪影響があるのか教えてくれます。
最初は禁煙に消極的だった人も、医師の話を聞くことでタバコが恐ろしくなり、禁煙に前向きになれると思います。
禁煙することは治療に含まれるので、保険を適応できます。
費用を気にせず、受診しましょう。

少しずつ禁煙していく

独自の方法で禁煙する場合は、タバコを我慢するしかありません。
最初は我慢できていたかもしれませんが、次第に我慢できなくなり、タバコを吸ってしまう人が多いです。
ずっとその繰り返しでは永遠に禁煙できないので、外来に行ってください。
病院では薬を使いながら、少しずつタバコから離れていく治療が行われます。

薬の効果もあって、タバコがなくてもストレスを感じることはありません。
平和に禁煙できることが、禁煙外来を受診するメリットです。
禁煙外来に行くことに抵抗を感じたり、恥ずかしいと思ったりしている人が見られます。
しかしタバコへの依存は病気と同じなので、風邪を引いた時に病院に行って治療することと変わりません。
禁煙したいと思ったら、すぐ外来のある病院へ行きましょう。